excitemusic

ようこそ、川原 祐です♪
by yu-kawahara115
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2009年 08月 27日 ( 1 )

第195回接近遭遇「元カノの接近」

〜もし、あなたの彼氏が宇宙人だったら?〜

★森田遊太郎(23)=レン・ソリュート★
地球に派遣された銀河連盟調査員。
普段は高校生のような童顔にまん丸メガネ。
おっとりした新人営業マンだが、
その正体は、プラチナの髪と青灰色の瞳を持つ美しき異星人である。

★五十嵐桃子(26)★
遊太郎の正体を知る、同じ会社の勝ち気で現実的なOL。
宇宙人やUFOには全く興味がない男前な女性。

この2人、表向きイトコ同士としてルームシェアをしているのだが.....?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「おい、森田は?
アイツ、どこまで、かき氷を買いに行ってんだ」

海の家まで使いを頼んで1時間以上戻らない遊太郎に、
斉藤課長が怪訝な顔をした。
他の社員達は馬鹿にしたように笑う。
「迷子のアナウンスでも頼みますかぁ?」

すると、高山がスポーツタオルを肩に引っかけて言った。
「ガキじゃねえんだし、そのうち帰って来るさ」
「そういえば、高山係長。サーフボードは?」
誰かから痛いところを指摘され、高山は引きつった笑いを張り付かせる。

「……いや、あれは捨てた。まあ、オレ的には相性悪かったっつうか」
「え?もしかして、ホントはひっくり返って、なくしたとか?」
「違う!捨てたって言っただろうが。馬鹿っ!」

怒って顔を赤黒くさせた高山は、バツが悪いので携帯をいじり始めた。
まさか本当に転覆して、気がついたら岸辺に流されていたとは言えない。
しかも海水をかなり飲んだはずだが、自力で立ち上がれた事も不思議だった。
そばに誰かが居たような気がしたが……

一方、桃子は妙に気がかりで落ち着かなかった。
一体、遊太郎はどこへ消えたのだろう。
「清美。あたし、ちょっと見て来る」
「え?森田クン探すなら、あたしもつきあうよ、桃子」
「いいって。どうせ、なんかまたやらかして、トラブってるだけだと思うし」
桃子はビキニの上に薄いパーカーを羽織って、清美に手を振った。


その頃、沖で溺れた高山を助け出したレンは、
ひと気のない入江に身を潜め、休息していた。
そこに突然現れた人物が、いる。
彼と同じく派遣調査員、笹川夏希である。

「ムダに力を消耗させて、何故あんな地球人を助けたの?
いつも色々、難癖をつけてくる男なのに」

まるで、ずっと観察していたような口振りだ。
笹川夏希は眼鏡を優雅に外しながら、ゆっくりと近づいて来た。
黒い瞳は紫色に染まり、それにつれてストレートな黒髪も同じ色に変化する。
おそらく、それが彼女の本性なのだろう。

レンは、沈黙を守って答えなかった。
岩の上に身を預け、潮風に吹かれているだけだ。
先刻助けた高山の身体に、自分のエネルギーを分け与えた直後であり、
体力の回復を待たなければ、遊太郎の姿は纏えない。
それでも意識のセンサーは、さりげなく彼女へ向けている。
何故なら、レンは笹川夏希を調査するよう、
上司より密かに命じられていたからである。

「無口なのね。相変わらず」

笹川夏希は、ふっと紫色の瞳で見つめる。
レンの白いワイシャツは濡れて、引き締まった身体が透けて見えていた。
整った白い顔にかかる幾筋かの前髪からは、雫がまだ滴り落ちている。
彼女は、彼の投げ出した長い両脚の間に立ち、
上体だけ前のめりにして、自分の両腕を彼の肩に絡めた。

「ねえ、レン」
耳元で囁く。

「虚しくならない?
私達、調査員はエイリアンから地球人をいつも守っているけれど、
彼らを過保護にしているだけじゃないかしら。
宇宙には、闘いの中で必死に生きている生命体もあって、
あなたも私も、それを良く知っている。
なのに、地球人は守られていることすら知らずに、
安穏と平和を貪り続けているんですもの」

妙に説得力のある言葉だった。
反論しないレンに、問いかける。

「あなたは、生まれた星を捨てて、宇宙を放浪していた。
それなのに何故いま、こんな惑星の調査員なんかしているの?
誰も信じなかった孤高の一匹狼。そんな、あなたが……。
それが、私には理解できない」
「……」

レンは黙って双眸を閉じた。
その時。
近づいて来る人の気配を感じてハッと目を開く。
笹川夏希も察知したように、紫色の髪や瞳を黒い色へと変化させた。

そこに。
遊太郎の行方を探していた桃子の姿があった。
驚きと疑いの目で2人を見つめている。
レンは思わず立ち上がった。

「桃子さん……!」


〜第196回をお楽しみに♪〜
[PR]
by yu-kawahara115 | 2009-08-27 00:08