excitemusic

ようこそ、川原 祐です♪
by yu-kawahara115
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第188回接近遭遇「波乱を呼ぶ合同コンパ」

~もし、あなたの彼氏が宇宙人だったら?~

★森田遊太郎(23)=レン・ソリュート★
地球に派遣された銀河連盟調査員。
普段は高校生のような童顔にまん丸メガネ。
おっとりした新人営業マンだが、
その正体は、プラチナの髪と青灰色の瞳を持つ美しき異星人である。

★五十嵐桃子(26)★
遊太郎の正体を知る、同じ会社の勝ち気で現実的なOL。
宇宙人やUFOには全く興味がない男前な女性。

この2人、表向きイトコ同士としてルームシェアをしているのだが.....?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

金曜の夜。
遊太郎にとって初めての合コンがレストランで始まっていた。
5人の男女の自己紹介や、お決まりのゲームが賑やかに進行していく中で、
女性陣は、童顔の遊太郎に注目し始めた。

「えっとぉ、森田さんだっけ。コナンに似てるって言われない?」
「あたしも思ってた。見た目、絶対コナンだよね」
有名アニメを持ち出して面白がる。
「社会人ぶってるけど、ホントはまだ学生だったりして?」
「お父さんのスーツ借りて着てるみたい。それ、ダブダブじゃん」

遊太郎は少し当惑しながら、愛想笑いを作るしかなかった。
派遣調査員マニュアルに、こういう場合の対応策は載っていない。

面白くないのは他4人の男性陣である。
彼らは遊太郎と同期入社した社員だが、親しいわけではなく、
人数合わせと自分たちの引き立て役に、遊太郎を連れて来ただけだ。
意外なところで彼が注目されたので、
彼らは視線を素早く走らせ、全員に提案した。

「いきなりですが、質問コーナーです。
コナンにソックリな森田遊太郎くん。
君は彼女らの質問には絶対正直に答えなければならない。
どう、これ?」
すると、女性たちがわっと乗って来た。
「あ。いいかも」
「でもぉ。ちょっと、かわいそ」
「面白いじゃん。やろうよ」

遊太郎にとって、ますます困った状況になった。
途中で帰るわけにもいかない。
適度に緊張感が緩み始めた女性たちが質問を始める。

「森田くんの好きなタイプを教えてくださぁい」

いきなりかよ、と皆が笑い出す。
遊太郎は、頭をぺこりと下げた。
「すみません。わかりません」
とたんに男たちが口を尖らせた。
「ダメダメ。森田。初っぱなからシラケるじゃないか。
じゃあさ、今まで付き合った女の子はどんなタイプ?
それなら答えられるんじゃね?」

さらに難解な質問だ。
下を向いた遊太郎に、彼らがこれ見よがしに大きな声で謝った。
「あっ、ごめん。森田。
お前、まだ誰とも付き合ったことなかったっけ?
合コンだって、今日が初めてらしいしさ」

え、そうなんだ?と女たちが世にも珍しげに遊太郎を見た。
「ひょっとしたら、ヲタク系?」
「っていうか、引きこもり系かも」
「やだ。じゃあ、これって社会復帰の合コン?」

彼女たちの反応は目論見通りで、彼らは内心でほくそ笑み、
「まあ、こんなヤツでも、カノジョが欲しいわけなんで、
今夜はお手柔らかに、楽しくやりましょう」
と、スマートにまとめた。
クスクス笑いが生まれて消えたあと、席替えになり、
それぞれ隣同士で話題が散ってゆく。

散々こきおろされた遊太郎は、
早く終わらないだろうかと腕時計を見た。
その時、新たに隣に座った女性に話しかけられた。
「森田さん、飲まないんですね。お酒苦手?」
顔を上げると、長い髪をストレートにした女性が見つめていた。
女性陣の中では、あまり喋らず、
遊太郎をからかっていなかった唯一の参加者だ。
フレームのない眼鏡をかけた知的な顔立ちは、誰かに似ている。

「私、笹川夏希です」
「笹川夏希、さん」
遊太郎は名前を繰り返した。
笹川夏希という女性は、目立たないグレーのスーツを着て、
華やかな他の女性とは違う雰囲気を持っていた。
「急に、人数が足りないからって、仕事帰りに誘われたんです」
「ああ、そうなんですか」

自分も似たようなものだ。
少し安心した彼は、夏希がじっとこちらを見ているのに気がついた。
眼鏡の向こうで、黒い瞳が不可思議な光を放っている。
彼女は、2人にしか聞こえないように言った。

「それにしても、見事な変装。だから、最初は分からなかった」
「え? 」
「あんなに馬鹿にされて悔しくはないんですか?
本当のあなたは、誰よりも美しく、強いのに・・・・・・
割に合わない仕事ね。派遣調査員って」

「!」

遊太郎の表情が一瞬、引き締まった。


この女は……?


~第189回をお楽しみに♪~
[PR]
by yu-kawahara115 | 2009-08-02 12:49
<< 第189回接近遭遇「別れた元カ... 第187回接近遭遇「初めての合... >>