excitemusic

ようこそ、川原 祐です♪
by yu-kawahara115
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「プロポーズへの決意」第288回接近遭遇

〜もし、あなたの彼氏が宇宙人だったら?〜

現実的なOL・五十嵐桃子と、
まん丸メガネの森田遊太郎(異星人レン)。

表向きはイトコ同士でルームシェア歴一年。
お互い惹かれあいながらも、
異星人との恋愛は難問だらけなようで。。。?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ねえ、女からプロポーズっていうの、アリだよね?」

ある日の昼休み。
会社近くの遊歩道のベンチで、
おにぎりを食べていた桃子はなにげなく同僚の清美に訊いた。
清美は目を輝かせ、サンドイッチを膝の上に置いた。

「え?ついにあの超美形彼氏と結婚するんだ?桃子」
「違う。例えばのハナシ」
誤魔化しきれないのはわかっていながら、ムスッと否定し、
桃子は一般的な話だとでも言うように訊いた。

「例えば女から切り出す場合、ストレートに言った方がいいのか、
遠回しに言った方がいいのか、どう思う?」
すると清美は、キャハハと笑い飛ばした。
「オトコなんて遠回しで通じるわけないじゃん。
そんなの桃子には向かないし、ハッキリ言ったら?
あたしと結婚して、新婚旅行で世界一周しましょって」
「新婚旅行、世界一周……」

桃子は目の前がチカチカした。
彼女がベタ過ぎることを言ったからではなく、
全く予想外のイメージをしてしまったからだ。

(あの遊太郎と新婚旅行いくなら、世界じゃなくて、
天の川銀河の方がリアルかも……)

そうなのだ。
イトコの振りをして同居する森田遊太郎を、
どういうわけだか好きになって1年。
両親も早く結婚しろとうるさく騒ぎたて、
彼女自身もその意志を固め始めたものの、
あの仕事バカでストイックな遊太郎が、
はいそうしましょうか、などとプロポーズを承諾するとは思えない。
桃子は、あからさまにため息を吐き出した。

「なになに?彼氏、結婚とかする気ないの?」
清美が真面目に質問する。
「桃子のことは好きなんだよね?」
「たぶん」
「たぶん?なにそれ。」
曖昧な桃子の返事に清美は眉をよせながらお茶を飲み、
次に知ったような顔で結論づけた。

「あれじゃない。まだ女ひとりに束縛されたくないんじゃない。
桃子より、かなり若いんでしょ、その彼氏」

相変わらずズケズケと言われて、桃子は清美を睨んだ。
しかし彼女は携帯をいじり、無邪気にメールをチェックしているだけだ。
客観的に見たら、男が結婚するつもりなどないのに、
女の方は捕まえようと焦っている風に見えるかもしれない。

でも、ずっと一緒に暮らしたい。
それは、ちゃんと伝えたいのだ。

桃子は決めた。
ストレートに言ってみよう。もともと色々と考えて行動するのは苦手だった。
直感を信じて遊太郎にプロポーズをしてみよう。

桃子はちいさく拳をあげた。
「よっしゃ!」
そんな彼女に、清美は一瞬引きながらも、ニヤニヤしていた。


〜第289回をお楽しみに♪〜

※お詫び:しばらくお休みしてしまい、すみませんでしたm(_ _)m
引き続きまたよろしくお願いします(^o^)/
[PR]
by yu-kawahara115 | 2010-12-23 16:44
「桃子、遊太郎に詰め寄る」第2... >>