excitemusic

ようこそ、川原 祐です♪
by yu-kawahara115
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第277回接近遭遇「宇宙人との結婚を決意」

〜もし、あなたの彼氏が宇宙人だったら?〜

★森田遊太郎(23)=レン・ソリュート★
地球に派遣された銀河連盟調査員。
普段は高校生のような童顔にまん丸メガネ。
おっとりした新人営業マンだが、
その正体は、プラチナの髪と青灰色の瞳を持つ美しき異星人である。

★五十嵐桃子(26)★
遊太郎の正体を知る、同じ会社の勝ち気で現実的なOL。
宇宙人やUFOには全く興味がない男前な女性。

この2人、表向きイトコ同士としてルームシェアをしているのだが.....?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

桃子の話に、マユミが目を見開いた。
「ええ?なにそれ。その男、桃子と結婚する気ないわけ?」
「マユミ、声が大きいんだけど」

慌てて桃子がたしなめた。
ここは割合静かなカフェで、目立たない席を選んだものの、
女同士の会話は声がつい高くなってしまう。
マユミは咳払いをしてコンパクトを取り出し、
メイクをチェックするフリをしながら、聞き直した。

「今までの話の流れからいくと、
桃子の彼、結婚に関心ないってことだよね?」
「っていうか、ストイック過ぎるんだよね」
「ストイックな外国人?桃子のこと、ホントに好きなの?その男」

桃子はまたしても痛いところをつかれた気がした。
一緒に暮らしていながら、キスしかしていないとは、
今更口に出せなかった。
煮詰まっている表情の桃子へ、マユミがハッキリと言う。

「桃子。既婚者のあたしに相談するより、
彼の気持ちを確かめる方が先なんじゃないの」
「え……」
「特殊な事情がある国際結婚なら、なおさら、
2人の気持ちを一つにしなきゃ、絶対結婚なんか出来ないよ」
「……うん」

マユミに言われる前に、わかりきった事だった。
周りがどうというより、遊太郎と自分の心を固める事が大事なのだ。
だけど、遊太郎は肝心なところでスルリとかわす。
一定の距離を置いて近づきもしなければ、
近寄ろうにも見えないガードを最近は良く感じる。

「なんか、桃子らしくないじゃん」
「へ?」
「ストレートに壁をぶち破るのは、あんたの得意ワザでしょ?」
「……」

マユミに指摘されて、桃子はハッとした。
彼女は普段から考えずにすぐ行動をするタイプだった。
それでダメなら諦めるし、少しでも可能性があるなら、
どんな高いハードルでも、気合いで飛び越える。
もちろん失敗も多かったが、立ち直りも早かった。

「そうだよね。ぶつかってみなきゃわかんないよね。
ありがと、マユミ」
俄然、パワーが湧いて来た桃子は、マユミの手を握った。
目の輝きが違っているのを見たマユミが、手を握り返す。

「そうだよ、桃子。
本気で好きなら、彼を捕まえて放さないこと。
結婚したいなら、ちゃんと話して協力を得ることだよ。
確かに結婚は家同士の問題って言われるけど、
結局はね、やっぱり2人の意志とか気持ち次第なんだから。
苦労して結婚にこぎつけたあたしが言うんだから間違いないよ」

姉御肌のマユミがズバリと断言し、
桃子はモヤモヤしたものが晴れてゆく気持ちになった。
やっぱり友達に相談をして良かった。
でなければ、迷う自分に負けてしまうところだったからだ。
マユミに礼を言い、桃子は立ち上がった。

もちろん、友人のマユミにはたくさんウソをついている。
相手の男は外国人ではなく、地球人ですらない。
しかも異なる星の大変なしがらみというのもあって、
一般的な国際結婚ではないのだ。
後ろめたさはあるが話せぬ事だから仕方がない。

桃子の愛する男は宇宙人。
遠くない未来に、地球を離れてしまうかもしれない。
だからこそ、いまが一番正念場なんだと桃子は固く決心した。
スレ違いばかりで、ちゃんと話して来なかった。
ちゃんと自分たちの現在と未来について、
彼と心を開いて話しあいたい。


むろん桃子はこの時点で、
そう簡単に事が運ばないだろうとは感じていたが、
現実的には分かっていなかった。
遊太郎の心の闇と、遊太郎を取り巻く状況が、
彼女の予想をはるかに越えて、
越えがたい冷たい壁を作り上げている事に。


〜第278回をお楽しみに♪〜
[PR]
by yu-kawahara115 | 2010-08-28 23:04
<< 第278回接近遭遇「高山係長の... 第276回接近遭遇「結婚したいけど」 >>